NEWS

お知らせ

わんちゃんがあまり食べない、やせてきた、吐く、便がゆるい


あまり食べない、やせてきた、吐く、便がゆるいなどの状態が3週間たっても治らない。

もし当てはまるようでしたら、早めに動物病院に連れていかれた方が良いです。

この場合、私たちはまず、食物アレルギー、感染症、膵炎、腫瘍などの病気を疑って検査を行います。

しかしそれでも原因が特定できないときには、IBD(炎症性腸疾患))という、重症化すると大変厄介な病気が潜んでいることが多くあります。

IBDは、特に理由がないのに腸に炎症の細胞が集まり、持続的な炎症を引き起こす病気です。

IBDにより腸に炎症が強く起こり続けると、食べない、やせる、吐く、便がゆるいなどのほか、お腹に水がたまる、血が固まりやすくなるなど、さまざまな症状が出てくることがあります。

動物の医療では、このような症状をもたらす病気のことを総称してIBDと呼んできました。

しかし、人のIBD(潰瘍性大腸炎、クローン病)とは病態が大きく異なることが知られるようになり、最近ではIBDに代わりCE(慢性腸症)と呼ぶようになっています。CEの主な治療法は、食事療法や抗生物質、炎症細胞を抑える薬(副腎皮質ステロイド剤)、免疫抑制剤などの投与となります。

ほとんどの場合、これらの治療により改善していきますが、お薬を完全に止めることは難しく、薬の長期間の使用により副作用が強く出たり、再発を繰り返してしまったりすることがあります。そして残念ながら、治療が効かずに亡くなってしまう場合もあるのが現状です。もし治療が効いていないと感じた時には、CEがさらに進行する前に、新たな治療法に変えてみることも一つの方法です。