NEWS

お知らせ

猫伝染性腹膜炎(FIP)治療薬 GS-441524について(MUTIAN Xraphconnと同成分です)

猫伝染性腹膜炎、FIPは非常に進行が速いケースもあり、診断から1~2週間程度でなくなってしまう子もいます。FIP治療においては早期発見、早期治療が非常に重要です。当院でもFIPの治療薬を取り扱い始めましたので猫のFIPについてお悩みの方がいらっしゃればまずはご相談下さい。現在、FIPの治療薬はMUTIAN以外にも流通し始めており、当院ではアメリカ合衆国でMUTIANと同時期から使用されてきているFIPCatsという会社から発売されているSpark&Auraという製品を取り扱っております。有効成分はMUTIAN Xraphconnと同じもので治療効果も同様に非常に高いです。

Krentz, Daniela, et al. “Curing cats with feline infectious peritonitis with an oral multi-component drug containing GS-441524.” Viruses 13.11 (2021): 2228.

日本語要約です→http://blog.livedoor.jp/ebm_vet-journal_club/archives/28487013.html?utm_source=blogreaderoa

約3㎏の子で一日約8000円位かかります。 詳しい内容に関しては、当院にお電話するか、もしくは以下のURLよりご覧ください。

Home Main