NEWS

お知らせ

無麻酔で目蓋や皮膚等のイボ【良性腫瘍】を除去 凍結療法、クライオサージェリー

小型の良性腫瘤に対して、麻酔を必要としない治療法として液体窒素による凍結療法、クライオサージェリーがあります。 高齢や肥満等、麻酔が難しい子に適した治療法です。
治療直後は治療部周囲が赤くなりますが次第に消え翌日には治療部が軽度の水疱になります。3日前後で壊死が明瞭となり、やがて血が混じって赤黒いかさぶたになり、照射後1~2週間で新しい皮膚が再生すると、赤黒かったかさぶたは自然にはがれて、正常な皮膚に戻ります。
週に1回の施術で2ー4回、1回30秒の照射になります。


※当院では悪性腫瘍には行っていません。ご了承下さい。