NEWS

お知らせ

気管虚脱 ガーガー鳴く事はありませんか?

気管は本来、筒状をしています。
しかし、これが潰れて呼吸ができなくなる病気を気管虚脱といいます。

呼吸を止めると気管は筒状に戻ります。呼吸をするとぺたんと潰れます。空気が強く流れると、その流れが引力となり、より強く気管を潰します。

本来、気管は強くて頑丈な軟骨に囲まれているので、いくら強く呼吸をしても(例えば、走ったあとはぁはぁしたり、げほげほ咳をしたとしても)潰れることはありません。
それが、何のきっかけか軟骨が弱くふにゃふにゃになり気管全体がうすっぺらくなってしまうと筒状の形を保てず、空気の流れのままにぺたんこに潰れてしまうのです。
特に、軟骨のない部分(「膜性壁」といいます)から強くつぶれてきます。原因は遺伝的なもの、よく吠えることや首輪などで頸部をひっぱることによる負荷などと言われていますが、まだその原因がよくわかっていません。

それから気管虚脱は、進行性の病気(手を打たないと症状が悪化します)です。
通常は頸部から始まり徐々に胸部へと進行していきます。老齢の小型犬に多いと言われますが実は若齢ですでに始まっていて、病気が進行して症状がでるのが高齢になってからだったということも多いのです。

気管虚脱になると、息を吸ったときに頸部気管が、吐いたときに胸部気管が潰れます。
症状は軽い咳からはじまることが多く、すぐおさまるので、気づいても気にしない飼い主さんが多いです。
進行してくると呼吸のたびに狭くなった気管から、ぶーぶーがーがーという呼吸音が出ます。「ハンギングコフ」とか、「ガチョウ様の呼吸音」など表現されます。ブタみたいな音がすると言われる飼い主さんも多いです。

重度になると咳で寝られない、苦しくて頭を下げられない(気管が潰れるため頭を起こしていないと呼吸ができない)、最終的には窒息死を起こします。

症状は徐々に悪化するものもありますが、多くはある日突然、起こります。逆にいうと、無症状のまま気管虚脱を隠し持ち、重度に進行してしまっていることも多いです。
咳は興奮時と夜間に増える傾向があります。またリードをひっぱったときに首輪やハーネスで首が圧迫されると咳が出ます。軽くても長く続いている咳があるなら、気管虚脱以外でも咳は出ますので早めに病院へ行って原因を突き止めてもらってください。

治療は内科的にお薬を使う方法もありますが、それらは対症療法であり、潰れた気管を戻すわけではありません。炎症や感染は症状の悪化要因になるので、それらを止める薬を使います。咳を引き起こす中枢に直接働きかけて、咳を止めるお薬もあります。これらは一時的に症状が収まることもありますが、最終的にまったく効かなくなることも多いです。内服で一生過ごせればそれでよいのですが気管虚脱は進行性の病気ですので、現実には症状が再発してしまうことが多いです。お薬を使う場合は、そのあたりのリスクもご相談しつつ、治療させていただきます。重度の場合、当院ではステントを留置しています。下の画像は重度気管虚脱のステント留置前後のレントゲン写真です。

気管虚脱|京都市北区の動物病院「かもがわ動物クリニック」