NEWS

お知らせ

尿管結石に罹患している猫ちゃんが増えています。

腎臓で作られた尿は、尿管を通り膀胱まで運ばれます。
猫ちゃんの尿管は非常に細く(0.4〜0.5mm)、小さな結石や砂、血餅、炎症産物などにより閉塞や、尿管炎などでも閉塞を起こしてしまうことがあります。
もし尿管結石による尿管閉塞をおこしてしまった場合も、猫の尿管結石の成分は90%以上がシュウ酸カルシウムであり、基本的に内科的な溶解療法(食事療法など)は適応になりません。

猫の腎臓は人と同じで左右1つずつあるため、片側のみの尿管閉塞の場合は、反対腎臓の機能は正常であれば特に体調を崩さないことも多く、症状に気づかれないこともあります。
しかし、すでに片側の腎機能が低下している、または両側の尿管閉塞を起こしてしまった場合は、急性腎不全に陥り命に関わってくる可能性もあるため、早急な治療介入が必要なケースも多いです。

治療方法としては、大きく分けて
① 内科治療(点滴治療、ステロイド剤、尿管弛緩剤など)
② 外科治療(尿管結石の摘出、尿路変更術)
があります。
内科治療で尿管結石が膀胱まで移動する可能性は低く、場合によっては内科治療により尿毒症症状が悪化してしまう場合もあります。
また、尿管閉塞解除が遅れれば、その分腎機能は落ちてしまうため、できるだけ早急に治療をすることが腎機能の温存においては重要です。
外科治療も尿管切開術、尿管膀胱吻合術などの人工デバイスを使用しない方法や、SUBシステム、尿管ステントといった人工デバイスを使用する方法など、さまざまなやり方があります。
前述しましたが、猫ちゃんの尿管は非常に細いため、術後の合併症も起こりやすいといわれています。
当院では、患者様がおかれた状況に応じて、外科手術をするべきなのか、タイミング、術式の選択など、飼い主様へご説明させていただきます。